インターネットとケーキ

インターネットとケーキの関係を考えてみると、まず何が一番大きく変わったかというと、全国のケーキを家にいながら食べることが可狽ノなったということが一番の大きな変化である。インターネットとケーキの関係はその点が一番の大きな変革であったと思っている。インターネットが発達する前には、そういったことなど考えられなかった時代である。たしかに、インターネットが発達する前に、通信販売というものがあった。その通信販売のカタログを見て、はがきを送るか、電話をするかという方法で全国のケーキを家にいながら食べることができたのであった。
ただ、インターネットとケーキの関係が発展していくと、どういったものが変わるかというと「全国」のケーキ屋から自分の食べたいケーキを食べられるようになったのである。全国のケーキには、知る人ぞ知るというケーキ屋がある。そのなかなか普通だったら知ることができないケーキ屋についても知ることができ、そして注文することができる。これはインターネットとケーキが強く結びついた結果、起こった事象なのである。
また、一方インターネットとケーキが強く結びついた結果、ケーキの調理の仕方についてもある程度共有化ができるようになった側面もある。今まではケーキ作りというのは、本を読むか、周りの人に教えてもらうかとかそういったケースがほとんどであった。ただ、インターネットとケーキの関係が密になっていくと、その家ごとの秘伝のレシピを教えてもらったり、またケーキ作りのコツなども公開されるようになってきたのであった。なので、インターネットが発展することによって「ケーキを食べる」ということのよりよい情報が共有化されて、かつ「ケーキを作ろう」ということのよりより情報も共有化されていっているのである。なので、今後この共有化は更に更に進んでいく流れになっていくので、今後の展開が楽しみになってくる部分でもある。そして、その共有化の知識に対して私もひとつ提供できるものがあったとしたら、提供していきたいと考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)