ケーキのアイデア

私は今までいろんなケーキを、自分で言うのもあれだけれど、独創的なケーキを作ってきたのであった。様々なケーキを作ってきて、様々な人に喜ばれてきたと自負をしているのである。
時々、そのことについて、どうやってそういった独創的なケーキが作れるのですか?どのようにして、ケーキのアイデアを生み出しているのですか?という質問をいただくことがある。その質問をされると自分でもはっとなって、改めて考えると自分はどうやって、ケーキのアイデアを生み出しているのだろうと我に返ることがある。普段、自分が無意識にやっていることというのはなかなか意識してみたとしてもなかなか気づかないことがある。自分はどうやってケーキのアイデアを作っているのだろうか?そのことを改めて考えてみた。
この前作ったケーキにこういったものがある。パイナップルを縦半分に割って、パイナップルの身を出して、パイナップルで皿状の形を作る。そのパイナップルでできた皿に、ヨーグルトを流しこみ、ブルーベリーケーキを混ぜ合わせる。そのケーキのアイデアは公園を散歩しているときに誕生したのであった。私は散歩が趣味で休日は家の周りを散歩していることが多い。もしかしたら、私は散歩をしているときにケーキのアイデアを思いつくことが多いのかもしれない。
散歩をしているときに思いついた、ケーキのアイデアはこうである。散歩しているときに、池に浮かぶ船を見つけた。その船のデザインがとても斬新だったので、それをケーキに応用できないのか?と思ったのである。あの船と同じような方ととして、パイナップルを船に見立てて、その中にケーキを流し込む。そうすると、今までにない独創的なケーキができないだろうか?そうはっきりと思いついたのが、公園で池に浮かぶ船を見た瞬間のことなのである。公園での散歩を早々切り上げて、その後ケーキ作りに没頭した。あらためて考えると私はケーキのアイデアは散歩中に思いつくのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)