絵画に触れて心豊かに

日々との暮らしに追われて、ホッとする一時を過ごせる人は意外に少ないのかもしれない。いつも片手にはスマートフォンがあるせいか、ついつい情報収集を行ってしまうという。時代の変化に伴って、人々の暮らしが速度を速めていると言っても過言ではないだろう。そういう時だからこそ、名画と言われる絵画などを目にする事で、日常生活とはかけ離れた空間に浸る事をオススメする。そうする事で人は人としての感性を磨く事ができるとも言えるだろう。美術館には必ず誰かの絵画が展示されているので、とにかく足を運ぶ事だ。映画を見るぐらいの値段で入場できるのだから、映画を堪能するのと同様に絵画をじっくりと鑑賞すればいい。有名な画家が描いたものもあれば、無名な画家が描いたものもある。有名な画家の作品が必ずしも圧倒的な存在感を示しているというわけではなく、無名な画家の作品であっても心に響くものがあるだろう。

その作品を丹念に見ていくのも意外に面白いのだ。描き方はもちろんのこと、色遣いや構図、様々な視点でものを見る事ができるかもしれない。これは日常生活と意外にリンクしているとも言える。人は成長するに連れて固定概念が個々に存在してくるものだ。その道から外れたものに対して許せなくなったり、その反対には許容できたりするだろう。だが、それでは本当の楽しみなども限定されてしまうのだ。ちょっとしたモノの見方や考え方を取りこんでいく事ができれば、これまで以上に素晴らしい人生へと導かれていく事になるかもしれない。その縮図となるのが、絵画鑑賞とも言えるのだ。そう考えれば、僅か千数百円で済むのだから、かなりお得な趣味となるだろう。休日にゴロゴロと過ごして、月曜日からの仕事に備えるのではなく、ちょっと美術館などに足を運んで絵画を鑑賞する事が出来れば、翌週の月曜日は違ったものになるに違いない。今や心の閉塞感から病になる人も少なくないというので、常に心を豊かにしておけばいいのだ。将来においてお気に入りの絵画を見つける事ができれば、購入するのもいいだろうし、その作品のリトグラフなどを部屋の片隅に飾っておくのもいいだろう。

毎日目に触れる機会がある事で、心に余裕が生まれるのだ。人は感情に支配されると言われるので、絵画の役割は意外に大きいのかもいしれない。まずは身近にある美術館に足を運んでみればいい。自分にとってお気に入りの一枚が見つかるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)